ムラテック Information Guard Plus

Information Guard Plusの導入費用

5年リース ¥24,000(月額/税別)

設置工事費込
※設置環境・構成によって変動します

Information Guard Plusとは

InformationGuardはオフィスのデータを保存する「ストレージボックス」であり、インターネットからの脅威をブロックする「UTM※」でもあります。オフィスのデータを確実に保存して漏えいや消失を防止し、また悪意ある攻撃がオフィス内ネットワークへ侵入することを防止して情報の流出を防ぎます。

※UTM(Unified Threat Management 統合脅威管理):異なる複数のセキュリティ機能を統合して実施すること。また、そうした機能をもった機器。

機能1 ウイルスなどの不審な出入りを防ぐ

「メールの添付ファイル・不正なWebサイトの閲覧」によるウイルス感染をブロックし、フィッシング詐欺・ランサムウェアを防御、さらに、ネットワークへの不正侵入や攻撃から護る機能を備えています。

機能2 障害・事故によるデータ紛失を防ぐ

パソコンの故障などにより、保持していたデータが消失してしまうことが無いよう、ネットワークに接続されたパソコンのデータを自動的にバックアップします。
さらに重要なデータはクラウドに保存することもできますので、災害でオフィスが倒壊してしまっても問題ありません。
また、バッテリーを内臓していますので、万が一停電にあっても保持したデータが消失することがありません。

機能3 日常業務に潜む情報漏洩リスクに備える

ストレージへのアクセス権限を細かく設定でき、アクセスログも残るので、「誰が」「どのデータに」「いつアクセスしたか」がわかるようになっています。
また、万が一機器が盗難にあっても、保存データは暗号化されていますので、情報を読み取られる心配はありません。

FAQ

小規模の事業所は狙われないのではないですか?

会社の規模は関係ありません!

自動で無差別に攻撃されているケースもありますので、事業規模に関係なく標的になる可能性があります!
また、大企業を狙うための踏み台として狙われているケースもありますので、対策が不要なんてことはありません。

ウイルス対策ソフトで十分ではないのですか?

十分とは言い切れません!

ウイルス対策ソフトを導入することも大事ですが、情報の漏洩を防ぐためにはファイアーウォールなど専用の機器を用いて多角的に防御することが必要です。
対策ソフトを入れているから…と安心していても、実は設定が不十分なまま放置していたり、そもそも必要な更新を行っていないこともあります。
企業としては、各々のパソコンで防御するのではなく、ネットワーク全体の防御を考えることが大事になっています。